AisisMeat Free 1day Campaign

RSS

飢餓のない平和な世界へ

「飢餓」になるのは、食糧が十分につくられていないからではありません。穀物は年間 23億トン生産されています。これは世界中の人が生きていくのに必要な量のおよそ2倍になります。

23億トン(年間穀物生産量)÷ 70億人(世界の人口)⇒ 328kg(1人当たり)
※1人当たり1年間の標準量は180kg
それでも食べ物の不足している人がいるのは、どうしてでしょうか? 1人当たりの食糧供給量を比較すると、日本では必要なカロリーより 33%も多く、ソマリアでは16%不足しています。私たちのように食べるものがいつでも十分手にはいるのは、世界のおよそ2割の人だけなのです。
穀物は人間が食べるだけではなく、先進国では穀物の 6割(約4億トン)が、ウシ、ブタ、ニワトリなどの家畜のえさになっています。
牛肉1キロ作るために穀物8キロ、豚肉1キロ作るために穀物4キロ、鶏肉1キロ作るために穀物2キロを消費しています。結果として、世界の 2割足らずの先進国にすむ私たちが世界の穀物の半分以上消費しているのです。

MORE

持続可能な環境へ

国連食糧農業機関(FAO)の報告書によると、畜産は、二酸化炭素で比較すると輸送手段より5パーセント多くの温室効果ガスを放出しており、また、陸地や水の環境劣化の主要な原因となっている。

この報告書の責任者であるヘニング・スタインフェルドFAO畜産情報政策部部長は、畜産は今日の最も深刻な環境問題を引き起こしている最大原因のひとつであり、この状況を改善するための緊急な措置が必要であるという。
世界の温暖化に影響する、温室効果ガス排出量
・世界の運輸 約13%
・世界の牧畜業 約18%
※WRI 世界資源研究所
暮らしが豊かになって、肉や乳製品の消費量が年々増加し、世界の食肉生産は1999年/2001年の2億2900万トンから2050年には4億6500万トンへと倍増、乳生産量は5億8000万トンから10億4300万トンへ増加すると予測されている。・・・現在のままで行けば、限りある地球は持たないだろう。いまこそライフスタイルを見直すときでは・・・

MORE

自然に健康になる暮らし

(McGovern Report)要約すると、「高カロリー・高脂肪といった、肉・乳製品・卵等の動物性食品を減らし、できるだけ精製しない穀物や野菜・果物を多くとるように」と勧告しています。

1960年代当時、アメリカでは心臓病の死亡率が第1位で、ガンは2位でした。国民の心臓病だけでアメリカの経済はパンクしかねないと言われる程、医療費が増大し深刻な事態になっていました。  1977年、医療費が1180億ドル(約25兆円)にもなり、なんとか財政的危機を打開するために医療改革が進められました。  その一環として上院に『国民栄養問題アメリカ上院特別委員会』を設置し、全世界から当時各分野での最高峰の優れた医学・栄養学の専門家が集められ、『食事(栄養)と健康・慢性疾患の関係』について世界的規模の調査・研究が7年間の歳月と、数千万ドルの国費を投入して行われました。その結果、5000ページにも及ぶ膨大な報告がなされました。それを「上院レポート」、または、委員長ジョウジ・S・マクガバンの名前をとって「マクガバンレポート」とも呼んでいます。

MORE